2019.04.11ブログ

患者さんの歯を97、7%残すことができる『本当のPMTC 』

左京区の祐森歯科医院の歯科衛生士の石川です!

あっという間に4月になり、桜の時期になりましたね🎵

そして、平成も終わりに近づきましたね!

一日一日が早くとても充実した毎日をすごしています\(^o^)/

知人『歯科衛生士ってどんなことしてるの?』とふと質問され

私『健康寿命を伸ばすことしてるんだよ!人生100年時代でみんなが健康で幸せな人生を送れるように手助けしてる』と食事中の他愛な会話でお話してたんですよ、

知人『えっ…すごい!!!!一生よろしくね!』と盛り上がりました!

この超高齢化社会でみなさん不安に思う、認知症ですが誰もが付きまとう不安要素だと思います。

歯科衛生士は歯周病の治療に大きく携わっています。歯周病は一過性の風邪とかは違う慢性的な炎症でそれが脳内に波及し認知症を増悪させているという研究結果も出ています。

簡単に言うと、アルツハイマーの患者さんの脳から歯周病菌が見つかったということです!

脳内だけでなくお腹の子、心臓、身体中にいっちゃう怖い細菌なんです!

そこで、現在は『病は口から』

と口腔疾患との関連が主張されてきました!

やっと、ここまできたかぁーー!

本当にそうなんですよ!

日本は先進国で高齢化社会で医療費めちゃめちゃかかってます!どーにかしなきゃ!

歯周病治療でみなさん一度は歯のクリーニングをされたことはあるかと思います!

そのクリーニング(PMTC)の第一人者は実はスウェーデンなんです。

歯周病と言えばスウェーデン‼️

 

その歯周病の第一人者のブリギッタ先生のセミナーに行ってきました🎵

日本にいながらお会いできるなんて夢のようでした!

全国から歯科衛生士さんが集まり、実習もしブリギッタ先生に直接指導していただきました!たくさんの質問もさせていただきました!

お話させていただき、自信もでてきました!!

ブリギッタ先生にいろいろお話し、治療への近道は唾液の検査でわかる虫歯菌の数や口臭、緩衝能などを検査することが近道なんだよと伺いました!それから、食事指導もできたらいいね!と!!!

祐森歯科医院では唾液の検査はもちろん、管理栄養士もいます!食事指導までしてくれるんですよ!

この環境で歯科衛生士として働けて幸せだなぁーと再確認しました🎵