2021.03.09ブログ

部分入れ歯のセミナー

どうも、左京区上高野の祐森歯科医院、院長のゆーもりでっす。

このコロナ渦のなか、部分入れ歯のセミナーのコース(全4回)を受講しました。

zoomセミナーです。

やっぱり生の方が気持ち入りますね。

でもzoomもいいところあるんです。トイレ行きやすい 笑

しょーもないですね。

さて、

じつは、2020年は、違う年間セミナーを受講しようとしていたのですが、コロナのためセミナー中止となったので、代わりといってはなんですが時間が空いたので受けてみました。

講師の先生には失礼な言い方ですね 笑

たまたま、SNSの広告にでてきたので、ポチっとしました。

実は、総入れ歯のセミナーはよくあるのですが、部分入れ歯のセミナーはほんとないんですよ。

なかなかに、自信をもっていた分野でしたが、たくさんのことを気づかせさせていただきました。

本当に設計が変わりました。デザインですね。より安定した入れ歯でお食事をしていただくことができるのではないでしょうか。

このセミナーにはたまたまの出会いでしたが、本当に講師の松田先生には感謝しています。

保険と自費、よく材料の違いでしか、患者様には理解していただけないのですが、かける時間が違うのですよね。

保険の総入れ歯であると、当院ではトータルでだいたい1時間45分の診療時間で型どりから完成までかかります。他院では、半分ほどの時間で終わらすところもあるでしょう。

時間をかければ、赤字になります。日本の保険制度は、諸外国に比べ驚くほど報酬が格安です。

松田先生は、3時間以上かけていらっしゃる?? 私たち、一般かかりつけ歯科医よりも知識や技術がありながら私たち以上の時間を十分にかけて総入れ歯を作っている。

保険と自費の違いって、本当に材料の差だけじゃない!って思いました。

よく下の総入れ歯は保険と自費じゃ大して差ないから保険でいいんじゃない?とか言ってた自分が懐かしい。もっとできることあるやん!って思いました。

ついつい目的と手段を間違えてしまいます。

患者様は、自費の入れ歯と入れたいんじゃなくて、快適な人生を送るための手段として自費をお選びされるのであると、改めて忘れてはいけないと思いました。

最終受講が終わった数日後、サーティフィケートが送られてきました。

DSC_0093

かっちょええ。

なんとワッペンも同封されていました 笑

8020達成も前回の調査に比べ大幅に向上していますが、やはり人生100年時代。

今後、入れ歯が上手い下手は、患者様の人生に影響することと思いますので、これを機会に患者様においてはより快適ないい人生を送っていただきたいです。