診療方針

医療指針

  • 患者様のQOL向上を通して、地域医療に貢献します
  • 私たちが受けて満足するような医療サービスを提供します
  • 働く場として紹介したいと思う医院作りに努めます

行動原則

  • 患者様や同僚、先輩や後輩など相手の立場になって行動します
  • 患者様のため、医院のため、自分のためになっているか考えて行動します

当院は、厚生労働省より以下の施設認定を受けています

歯科外来診療環境体制

当院は、厚生労働省より「歯科外来診療環境体制加算施設」として認定されております。
『歯科外来診療環境体制』とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制のことです。

施設基準

  • 緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策にかかわる研修を修了した常勤の歯科医師が1 名以上配置されていること
  • 緊急の対応設備が整っていること(AED、パルスオキシメーター、酸素、血圧計、緊急蘇生セット、歯科用吸引装置)
  • 偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること
  • 口腔内で使用する機器の、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること

などの8項目の基準を満たしている医院に与えられます。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

当院は、厚生労働省より「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の認定を受けている数少ない診療所の一つです。

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」とは、地域包括ケアシステムにおける地域完結型医療を推進していくために、う蝕又は歯周疾患の重症化予防に係る管理、摂食機能障害及び歯科疾患に対する包括的で継続的な管理を行うことが出来る医院のことです。

かかりつけ歯科医を持つことで歯を失ってしまうリスクが減るというデータや、定期検診を行っていない患者は、定期検診を行っている患者より医療費が高いというデータがあります。

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」ができること

  • 歯周病の重症化予防のため、毎月のSPTが保険適用でできます。
  • むし歯予防のため、毎月フッ素塗布が保険適用でできます。

メンテナンスとSPTの違い

  • メンテナンス → 治癒した歯周組織を長時間維持するための健康管理
  • SPT(歯周病安定期治療) → 病状安定となった歯周組織を維持するための治療

当院は、患者様の歯周病という慢性疾患を本気で治したいと思っております。
今回当院が施設認定を受けたために、成人の罹患率が8割を超えるという歯周病をそれぞれの患者様に合った治療スタイルをご提案することが出来るようになりました。それにより、患者様の健康寿命を延ばし、QOL(生活の質)の改善を図ってまいりたいと思っています。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準

  • 歯科訪問診療、歯周病安定期治療、クラウン・ブリッジ維持管理料を算定している実績があること。
  • 次に掲げる研修をいずれも修了した歯科医師が1名以上配置されていること。
    • ア. 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故及び感染症対策等の医療安全対策に係る研修
    • イ. 高齢者の心身の特性、口腔機能の管理及び緊急時対応等に係る研修
  • 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。

などの11項目の基準を満たしている必要があります。

患者様へのお願い~当院の治療方針について~

当院は、以下の考えのもと、歯周病治療や定期検診を重要視しています。そのため、歯周病検査や口腔内写真、レントゲン撮影を行っております。

歯周病治療について

歯周病は、最終的に歯が抜けてしまう病気で、歯を失う一番の原因です。成人の約80%が罹患しています。また、70歳以上の方に聞いた人生で後悔していること第一位は、「歯の定期検診を受けていれば良かった」です。当院では、患者様にそのような残念な思いをしてほしくありません。

また、歯周病は心疾患や糖尿病、早産・低体重児出産、誤嚥性肺炎など様々な疾患を引き起こす原因の病気です。歯科のメンテナンスを受けている方が、生涯における総医療費は安いと言われています。患者様にはいつまでも健康でいてほしいという想いがあります。

定期検診について

日本における口腔がんの死亡率は46.1%であり、発見しにくい子宮頸がん死亡率24.7%より非常に高い値です。アメリカでは歯科検診受診率は80%であるため、口腔がん死亡率は日本の半分以下です。怪しい粘膜疾患を見つけた時には、安易に数か月後の経過観察にせず、口腔内写真を撮って記録して経過観察し、必要があれば専門の機関にご紹介します。

レントゲン撮影について

歯科治療時に撮影されるデンタルX線1枚の放射線量は0.01ミリSvであり、自然放射線1年分(2.4ミリSv)に比べてずいぶんと少ない値です。医科用CTの約1/700の線量です。飛行機に乗る時に、放射線量を気にしない方多いのと同様に気にしなくてもよい線量です。むしろ、レントゲンを撮らず誤った診断をすることの方が怖いと考えております。

医院案内

〒606-0046 京都市左京区上高野諸木町50-1
最寄駅
  • 市バス :上高野より徒歩1分
    京都バス:上高野より徒歩1分
  • 地下鉄 :国際会館駅より徒歩6分
    叡山電鉄:八幡前駅より徒歩6分
  • ・駐車場あり(5台)

休診日:日祝日、金・土曜午後

診察時間
午前 9:30〜13:00 9:30〜13:00 9:00〜13:00 9:00〜13:00 9:00〜13:00 9:00〜13:00
午後 15:00〜19:00 15:00〜19:00 15:00〜18:30 15:00〜18:30 × ×
松嶋歯科クリニック たけち歯科医院 一般社団法人 京都府歯科医師会 インプラントセンター京都
ドクターズファイル ドクタートピックス